そよ風のおさそい

お昼ごはんのあとは土手でシロツメクサがたくさん咲いていたから大きな石に腰掛けてずっとかんむりを編んでいたの。

ひさしぶりだったから、普段作ってるお菓子のようにはうまくできなくて時間がかかちゃったけど完成したからさっそく頭にのせてお姫さま気分。
はなぞの城のリル姫の休日を空想して、小川のせせらぎを舞踏会の雑踏だと思ってみたりしていたわ。

空想の中で楽しんでたりするとお昼寝してるみたいに気がついたらすごく時間がすぎてたりしちゃうのね。
だから、せせらぎのお客さまたちにごあいさつしたり、誰と踊ろうかもじもじしてたりしたからもしかしたら時間がたってしまったかもしれない。

気がついたらなんだかそよ風に似ているけどなんだかくすぐったいゆらめきがわたしの髪をくすぐったの。

なんだろうと思ってふと見上げてみると、モンシロチョウたちがシロツメクサのかんむりのまわりをパタパタ飛んでいた。

あらあら、空想の中の舞踏会はわたしの頭の上でやっていたのね。

きっとわたしのかんむりのシロツメクサのみつはお食事なのかしら。
あんまり食べすぎると踊るのにお腹がくるしくなるから気をつけてね。
せっかくのパーティーなんだもの。

それにしてもシロツメクサのみつっておいしいのかな?

アカツメクサのみつは何度か吸ったことがあるしおいしいのは知ってるし、ハーブティーを作ったりもしたことあるの。

でも、シロツメクサはどんなかんじなんだろう?
ちょうちょたちにはおいしいのは頭の上のお客さまたちを見ていればわかるけど、わたしたちにはどうなのかな?

お茶にしたりとかしたりできるのか帰ったら調べてみよう。パパの書斎にレシピがあったりするかもね。

さてさて、ちいさな舞踏会のお客さまたちはここにいるお姫さまにお気づきなのかしら?

かんむりにしか気がついていないのならちょっとレディに失礼よ。

だから、お食事が終わったらわたしと遊んでくださるかしら?

お誘いするから、この土手の庭園で青空の下のダンスを楽しみましょうね。

どうかしら? わたしのお誘いをあなた達はお受けくださるのかしら?

Message Board

メールアドレスが公開されることはありません。

*
*

次のHTML タグと属性が使えます:

<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>